この年齢でこんなに虫歯

今も治療は続いています。こんなに治療が長引くなんて思ってもいませんでした。

最初は軽い気持ちで歯科検診に行きました。それは、その日まで、歯が痛いなんてことが無かったからです。

私、痛いとか違和感があるまで歯医者に行かない人なんです。だから歯科検診に行くまで、約10年間歯医者に

通院していませんでした。自分に虫歯があるとも思っていないのも理由の一つではありますが。

今39歳です。歯科検診から2年歯医者に通院しています。

歯科検診の結果は18本に虫歯がありました。

過去に治療したところも再度治療しないといけない状態です。

まさかの本数に恥ずかしいやら情けないやらで食生活や磨き方が見透かされた感じです。

こんなことなら、少し高いけど、虫歯菌を防ぐ歯磨きを使っておけばよかったです

http://xn--cck8a7fpb0cxc6520bymybl0yc.net/

もうこれはこれ以上状態が悪くなる前にすべて治療しないと大事になると思いました。

本数が多いことと、奥のほうが特に悪い箇所があるようで、治療するたびに痛みが伴います。

子供のころだともっと簡単に終わっていた治療が、難しいと思えるくらいに時間がかかり痛さが後引く治療に

なってます。それと、今回の治療には難関があります。

『親不知』を抜歯しなければなりません。2本抜かなければならないらしく、1本は前々回の治療の時に抜きました。

周りに痛いと聞かされていた通り、工事現場の穴掘りのようにガンガンされて痛かったです。腫れあがりました。

まだ1本残っています。他の歯も治療しています。いつ終わるのか見えていません。

今3年目なので、今年中には終わらせたいです。

治療が終わったら、定期的に歯科検診を行い、悪い箇所があれば即通院するよう心掛けたいです。

この年齢でこんなに虫歯

遠距離恋愛の今昔についてジェネレーションギャップを感じました。

30代半ばの女性です。少し前まで大学の研究室に勤めており、学生の子達とおしゃべりをしていると常々ジェネレーションギャップを感じました。例えば、私が女子高生の頃にルーズソックスを履いていた話をすると、まるで化石のように驚かれたものです。

そんな中、私が最もジェネレーションギャップを痛感したのは、遠距離恋愛の今昔についてです。

私がかつて遠距離恋愛をしていた時は、まだ携帯電話が普及して間も無くの頃でした。カケホーダイプランもなく、通話料がかさむために電話したくても我慢したものです。それでも月に2万円近い電話代がかかりました。

しかし、今の若い子の遠距離恋愛の話を聞くと、今はスカイプなどの無料通話アプリがあるので料金は全く気にしないと言います。しかもテレビ電話なので、相手の顔を見れて寂しさも薄れるのですよね。便利な世の中になったと感じると同時に、遠距離恋愛の電話したくてもできないあの切なさは若者には通じないのかとジェネレーションギャップを痛感しました。

遠距離恋愛の今昔についてジェネレーションギャップを感じました。

年始の高島屋での買い物

年始に高島屋で靴を買いに行きました。ブラウンのスエードが今回の目的でした。年始ということもあり、すごい人の数でしたが、目にとまった靴が、スコッチグレインのブラウンのスエードでした。形もスマートで、高級感もあり、3割引きほどで25000円でした。履き心地もよく、これならスーツにもカジュアル使いも出来ると思い、即決で購入しました。

スエード靴を持っていなかったので、後日スエード靴用の栄養スプレーを購入し、防水スプレーをふりかけ大事に使っています。最低でも4年ほどは使い続けたいと思っているので、雨の日ははかず、一度はいたら2日は間をあけて使っていきます!

最近購入したものは、GUのポリエステルのパジャマです。今までは、スウェットを家では着ていましたが、パジャマで寝たいと思い3000円という破格の安さだったので、試着し購入しています

次に目をつけているのが、ベルトです。紺色のベルトしか持っていないので、黒や茶色がほしいと思っています。スーツにもカジュアル使いもできる革のベルトがいいのですが、特にどこのベルトがいいなどはないので、見た目で購入したいと思っています。

最近金欠なので、3月ごろに購入予定です。

年始の高島屋での買い物

まずはVIOから…脱毛したいです

どちらかというとかなり毛深いほうです。指毛はもちろんのこと、すねも結構生えていますし…VIOなんてどう処理したらいいのかよくわからないので、ナチュラルボーンボーボー状態です。

母は体毛薄いんですけどね、全然似なかったみたいで。すねとかカミソリで剃り続けるとまるで髪の毛のようなものが生えてきてしまいます。

ワキに関しては一応脱毛サロンに2年間通ったんですけどね、量は減ったけれどもなくなることはありませんでした。

今は剃る回数を減らし、服で隠し…露出を減らしている、そんな感じです。剃るとやっぱり肌荒れもしちゃいますしね。

いつかは全身脱毛、やってみたいとは思うんですけど。金銭的にも気持ち的にもまだ思い切ることができません。

ちなみに、お尻周りにも結構生えているみたいで。たまにお尻を拭く時にひっぱられて痛く感じたりもします。それってなんだか不衛生ですよね。

生理の時も経血がついてしまいますし。やっぱりきれいでないなぁと思うので、見た目よりもまずはVIO脱毛から始めたい気がします。

まずは、全身脱毛でも人気の脱毛ラボ 口コミ 静岡あたりからチェックかな??

今までどうしたらいいのかわからずにそのままにしてきたけれど、デリケートゾーン=女子力、みたいな風に思うので。普段見せない部分だからこそ、きれいにしたいと思います。

ちなみに、おへその下にも数本、乳輪周りにも何本か生えているんですよ。なにをそこまで守ろうとしているんでしょうね、私の毛たちは…。

早くこのボーボー状態から抜け出したいです。”

まずはVIOから…脱毛したいです

美肌になりたいよ~

美肌になりたいと行なっていることが、本当のところは全く効果のないことだったということも無きにしも非ずです。何より美肌追及は、知識を得ることからスタートです。
水分が失われてしまうと、毛穴の周りの柔軟性も失われ、閉まった状態を保つことができなくなります。その結果、毛穴にメイクで落としきれなかったものや雑菌・汚れといったものなどが残ったままの状態になるわけです。

生活している中で、呼吸に関心を持つことはないと言えますよね。「美肌の為に呼吸が関係あるの?」と不思議にお思いになるかもしれませんが、美肌と呼吸は切り離して考えられないということが分かってきたのです。

美白を目的に「美白に効き目のある化粧品を使用している。」と言っている人も見受けられますが、肌の受入状態が整っていない状況であれば、概ね無駄になってしまいます。
痒みに見舞われると、布団に入っている間でも、無意識に肌に爪を立ててしまうことがあるわけです。乾燥肌の人は爪を切ることが大切であり、よく考えずに肌に損傷を齎すことがないようにしてください。

美肌になりたいよ~